ケース4-1)ぎっくり背中

「ぎっくり背中になっちゃって、息をするのも苦しかったんです。」

そんな訴えからはじまった。
「2日間くらい寝込んでました。今はようやく大丈夫ですが、
なんだか身体がボロボロな感じです。」

・・・ぎっくり背中・・・

あんまり聞きなれない言葉だけど、突然、モウレツに痛くなったなら、
ギックリって言葉、つけたくなります。


「どの辺が痛かったんですか?」

聞いてみると、左の肩甲骨の内側あたり。
見ると、まだ名残りがある。
きっとちょっとしたキッカケで また痛くなる状態。

「どこが悪さをしているのだろう、、、?」

たどっていくと、右の腎臓が下垂して引っ張っているい。

「じゃあ、その腎臓をひっぱるものは?」

さらに追っていくと、右の股関節。
それから、足の皮膚をたどっていき、
ようやくたどりついたのが、足首の関節。


悪くなる原因に、足はとても多い。

「何故、足なのか、、、?」
おそらく歩行により外圧がかかりやすいところだから。

歩くということは、足を地面に着地させる。
逆にいうと、地面が足にあたっている状態。

ちゃんとした足の構造を保っていれば、
歩行による地面からの衝撃は、和らげられ
うまく分散されて伝わる。

だけど、足の構造に問題がある場合は、
地面からの衝撃がうまく吸収できず、
その外圧は、身体のどこかへダメージを与える。

そんなことから、問題がはじまっていく。

「じゃあ、足の関節が何故、ずれてしまうのか?」

足の加重ラインをみると、明らかな右加重傾向があることがわかる。
右側に加重がより多くのってしまう理由は、色々あるけれど、
この方の場合、多くを右側で噛んでいることが関係がありそうだ。

更に、検査してみると、胆のうにも問題がありそう。

考えられる原因は、簡単にいうと、
長時間の右加重により、足の関節がずれ、その影響で、
右の腎臓が下垂。更に、胆のうの問題もあり、
身体の多くの重心が右へかかってしまっている。

身体は、左右の重心バランスを保つ為、
左の肩を、少し後方へ引き、中心へ重心を保とうとしたが、
この状態でも、バランスを完全に身体の真ん中に保つことができず、
左右バランスの支点は、左の肩甲骨内側あたりになっていた。

脊柱は、左右のバランスをとるための、柱となる構造をしているが、
肩甲骨内側あたりは、当然、そういった構造に適していない。

結果、持ちこたえられなくなり、
身体は、痛みとして訴えてきたのである。
突然に感じた痛みは、ゆっくりと下ごしらえされていて、
あるちょっとのきっかけで、限界を越え起きてしまう。
だから実は、決して突然ではないのである。

アンバランスが生じると、身体は色んな工夫をしながら、
なんとか均衡を保てるように補正する。
だけど、それはあくまで応急処置。
いづれは、崩れる時がくる。


調整は、右の足の関節のズレから、はじまって、
腎臓、胆のう、そして筋膜、脊柱へと移っていく。
原因さえわかれば、調整には、
そんなに時間がかからない。

腎臓を調整している時点で、身体の中の血流が、
ザザザーっと流れ出しているのを感じる。
骨格のアンバランスが戻り、身体がふわーっとふくらみだす。

「違いがわかりますか?」
痛みはなかったかもしれないけど、
制限がとれた状態は、すぐに自覚できるハズ。

「わかります!あぁ、楽になりました!」
「息も吸いやすくなりました!」

喜びの瞬間。
身体が解放される時って、ほんとに喜びの時。
お互いが、とっても嬉しい(*^-^*)

あなたを悩ましていること、
それは、身体からのSOSのメッセージ。
一緒に、身体からのメッセージに耳を傾けましょう。


記事作成・著作権:
ハーモニー セラピスト 神永Diplome d’Osteopathe
Top page
Harmonyとは
症例と対応
オステオパシー、骨盤矯正、腸もみ、リンパ、頭蓋仙骨調整・・・体の痛みを根本からの改善を目指します。
オステオパシー整体院ハーモニー「原因追求型オステオパシー」・・・池袋駅徒歩5分 

Body・Mind・Sprit・Energyの統合と調和を目指して。

TEL:03-3986-5793
画面が上手く表示できない場合は、インターネット表示の「文字サイズ」を「最小」に変えてください。
ツールバーの「表示→文字サイズ」で変更できます。
ご注意
全ての方が同じ原因ではありません。また施術の進め方も、人それぞれです。もちろん、効果は約束されたものではなく、個人差もあります。
施術は、あくまでも身体が本来の機能をおこなえる手助けをするものです。治すのは、ご本人の治癒力によるものです。
オステオパシーは、その人に備わる治癒力を発動させるものです。


©Copyright 2008 オステオパシー整体院「Harmony」 All rights reserved.
オステオパシー ・池袋・豊島区・頭痛・腰痛・肩こり なら原因からの治癒を目指すオステオパシー

症例と対応 ~セラピー対応ケース~
ケース4)
背中の痛み

オステオパシー整体院