東京 豊島区 池袋 オステオパシー 整体院 肩こり 腰痛 頭痛 疲労 内臓活性化 リンパドレナージュ 自律神経失調症 耳鳴り 更年期障害 に 治癒力 回復

©Copyright 2008 オステオパシー整体院「Harmony」 All rights reserved.
オステオパシー ・池袋・豊島区・頭痛・腰痛・肩こり なら原因からの治癒を目指すオステオパシー
    






オステオパシー、骨盤矯正、腸もみ、リンパ、頭蓋仙骨調整、全身バランスを整え、
体の痛みを根本からの改善を目指します。・・・池袋駅徒歩5分 オステオパシー整体院


スティル博士が述べた「身体はひとつのユニットである」
というオステパシー哲学を実践する為、従来の枠に囚
われず、解剖学・生理学に、生体力学・構造・生体軸を
リンクさせたアプローチ法を研究し実践しています。

本来持つ治癒力を最も引き出せる
身体の環境へと導くことを理念としています。

そして、スティル博士が大切にした「体液のルール」
を重視し、液体の流れを改善するアプローチも
研究し手掛けています。

高齢者、妊婦さん、赤ちゃんから小児まで
幅広い人達にオステオパシーを実践。

日々、身体の声に耳を傾けて、
身体の関連性を読み解く、
オステオパシーアプローチを研究しています。


その他にも多くのセミナーに出席。セラピーの研究を進める。… 「受講セミナー」より。

ほんとうの治癒を目指して
オステオパシーとの出会い
 神 永
Diplome d’Osteopathe
2011~受講セミナー
2001~受講セミナー
 自分の身体の調子を崩して思ったことは、
痛みを感じる神経をブロックして痛みを止める
といった、薬などの対処療法では
何も解決されないということ。

急性期の症状を抑えるには、薬はとても有効です。
でも、慢性的な症状には、結局、症状を抑えつけ
ているだけで、治っているわけではないのです。
もし治っていると感じるのは、薬ではなく、
自らの治癒力が治しているのです。


オステオパシーは、その痛みとなる原因を
探しだして施術をします。
オステオパシーは、まさに原因の医術。


人間の体を、腰や肩や手・足といった部位で、
別々にみるのではなく、
一つのつながりをもったものとして、
全ての筋肉・関節・内臓・筋膜・リンパ・
血管・神経などの細胞が、
協調して働くものとみているのです。

 身体の構造や機能が損なわれる時、
その人はとても苦しみます。でも病院にいっても、
たいていは「どこも悪くない」と
診断がでたりするのです。
それでも調子の悪さを訴え続けると、時には
心療内科への受診を勧められたりします。

「誰にもわかってもらえない。」
その身体の苦痛を改善させる
手助けがしたいと思っています。


原因はいったい、何なのか?
この方には、どんなやり方が一番、
効果がでるのか?
を常に探りながら施術を、すすめています。


痛みがあるところには、問題がある。
問題があるところには、原因がある。
原因があるところには、理由がある。


私は、そう考えます。

いつも、「それは どうして?」の繰り返し。
1歩でも原因へと近づくために。
これが私の施術のモットー。


そしていつも、より原因に近づくために、
検査法もセラピーの進め方も、
進化し続けること。
「進化型オステオパシー」であること。
これも私のモットーです。

あなたを悩ませていること、
改善しないと、あきらめていることがあれば、
ぜひ、お越しください。

一緒に最初のきっかけとなった原因を
探し出しましょう。
身体が深部から治癒し、
身体が解放される喜びを、
一緒に味わいましょう。


オステオパシーには哲学がありますが、
決まったやり方はありません。
同じ症状でも、クライアントの体質や身体の
特徴によって施術のやり方は変わってきます。

Harmonyでは、ルーチンワークのように
決まった手順だけですすめていくのではなく、
ほんとうに あなたにあった 
「オーダーメイドオステオパシー」で行います。

また、原因へと深くアプローチする
「原因追究型オステオパシー」です。


真剣に身体に向き合いたい方にこそ、
お薦めのセラピーです。


  略歴

  セラピスト

 私が勤めていた 医薬品総合商社でのシステム
インストラクターという仕事は、やりがいを感じる仕事
でしたが、一方、とても精神的にストレスのかかる
仕事でもありました。
ストレスには強いタイプだと思っている私でさえ、
時には、眠れない夜を過ごすことがありました。

 そんなストレスからか、入社して数年たった頃、
身体の調子がおかしくなってきました。
一日中、身体がだるい。
休日は、夕方まで眠っていても、回復してこない。

なにより困ったのが、皮膚が荒れて化粧が
できなかったこと。わけもわからず、目が覚めると、
まぶたが腫れあがり目が開けにくくなっていたり、
唇は常に皮がめくれて真っ白になっていました。
この時以来、色つきリップしか使えず、
今でも口紅はぬっていません。

お得意先にでかけなければいけない仕事を
しているのに、化粧もできず、しかも目が
腫れていたり、唇が驚くほどむけていたり、、、、。
そんな時は、誰から何も言われなかったけど、
誰とも目を合わせるのが嫌でした。

 それでもなんとかしようと思い、病院へ
行きもしましたが、ありきたりの塗り薬しか
処方されない。しかも全然、効きません。
一体、私の身体はどうなってしまったのか・・・?

「もう、自分でなんとかするしかない。」
答えを探して、色々な本を読んでいきました。

そんなある日、Drアンドルー・ワイル氏が書いた
癒す心、治る力」に出会いました。

そこでは、人が持つ治癒力を発動させるために、
現代医学から、自然生薬、シャーマニズムまで、
様々なジャンルの話が載っていました。
 
 そこで、私の関心をひときわ惹いたのは、
寡黙な老医師であるフルフォード博士の治療。

アンドルー・ワイル氏も「たぐいまれな手技」
と評したそのフルフォード博士がしていた手技が
「オステオパシー」だったのです。

単に症状だけを抑え込むというやり方ではない、
身体のメッセージに真摯に向き合い、
本当の原因を探し改善していくオステオパシー。

読み進めるほど、その哲学に胸をうたれ、
雷に打たれたような強いショックを感じながら、
「ようやく見つけた!」と思ったのです。


TEL:03-3986-5793
「Diplome d’Osteopathe」
欧州基準 仏政府認定オステオパシー資格
 2014/9 取得

内臓マニピュレーションインストラクター

内臓オステオパシー創始者バラルD.O.認定)

ジャン・ピエール・バラルD.O.からの試験に合格
2016/5

Japan College of Osteopathy 卒業
  
MRO(J)取得オステオパス

日本オステオパシーメディスン協会(JOMA) 所属
  
JOMA Certified Osteopath
(JOMA認定オステオパス)


IBA Certified BodyTalk Practitioners

(米国IBA認定)

米国催眠士協会会員 
(National Guild of Hypnotists)
画面が上手く表示できない場合は、インターネット表示の「文字サイズ」を「最小」に変えてください。
ツールバーの「表示→文字サイズ」で変更できます。
 医薬品総合商社 就職
   
開発部、医薬情報部にてシステムインストラクター
    として勤め、システム開発にも従事する。

 ジャパン カレッジ オブ オステオパシー卒業
  (全日制3年:インターン課程終了)

 ジョン・ワーナム・カレッジ・オブ・クラシカル
  オステオパシーにて技術研修
を受ける。(イギリス)

 ウエストバージニア州立オステオパシー医科大学
  にて技術研修
を受ける。 (アメリカ)
 日本オステオパシーメディスン協会付属クリニック
  を起ち上げる。
 ボダースクールにて「MLD THERAPY-I」
  サーティフィケイト授与。

 
ボダー式マニュアル・リンパ・ドレナージュ
 *「MLD」スクールは、マニュアル・リンパ・
ドレナージュの開発者、指導的地位のDr. Vodder
によるVodder School in Austriaカリキュラム履修。

 クレニオ・セイクラルセラピーⅠ・Ⅱ、
    SER(感情解放セラピー)セミナー
にて
   頭蓋仙骨治療を学ぶ。

 米国催眠士協会会員 
  (National Guild of Hypnotists)資格を取得。
 
   世界界的権威である精神科医のブライアン・
    ワイス博士から、直接指導を受けた日本ホリス
    ティックアカデミーの村井啓一氏より学ぶ。
     ・・・心と身体との統合した改善に取り組む。

 内臓マニピュレーションセミナーにて
 
 内臓に着目したセラピーを学ぶ。
   内臓マニピュレーション開発者のジャン・ピエール
   ・バラルD.O. (上級)と
    ピエール・メルシェD.O(中級)から学ぶ。

 メカニカルリンク・セミナー
  創始者のポール・ショフールDOとディプロム取得の
  エリック・プラットDOにより、メカニカルリンク
  テクニックを学ぶ。

    
後頭骨・脊柱・骨盤軸、骨内力線、関節離開、
    頭蓋の診断と治療を学び、テンションテスト、
    プライマリー病変の診断となる抑制バランステスト、
    治療法のリコイルテクニックを学び、
    セラピーの幅を広げる。

 特別養護高齢者施設での施術も行い 
  
高齢者向けセラピーを開発。
 トラディショナル・オステオパシー・セミナーⅥ
 
「婦人科、産科、小児に対するオステオパシー 」 
  講師:Philippe Druelle D.O.

・妊婦の痛みを和らげ、妊娠の諸段階および難産や
子宮内圧迫の結果として、小児に生じる様々な障害
に対処するアプローチ。

・妊婦の苦痛を軽減し、難産、痛み、逆子などの
 不正位置を予防。脊椎や子宮の痛みを回避
 する方法、血管運動、交感神経と副交感神経へ
 のアプローチ。

・妊婦に対する筋膜および骨関節技術は、
 ソフトで精密で効果的であり、高齢者や児童にも
 応用可能。


★婦人科系へのアプローチに取り組む★
子宮・卵巣への優しく安全で効果的なテクニックを開発。

 内臓マニピュレーション 上級
  動脈・静脈・末梢神経と頭蓋組織
  マニピュレーション セミナー
  講師:ジャン・ピエール・バラルDO
 (内蔵マニピュレーション創始者)より学ぶ。


・動脈・神経により重点を置いたアプローチ、
 そして関連する脳へのダメージも解放し
 より深い身体の解放をおこなう バラルDOの
 繊細で正確なテクニックを学ぶ。

・上肢、下肢、胸郭への動脈・神経へのアプローチ
・頭蓋、脳へのアプローチ
・婦人科系へのアプローチ
・舌骨、甲状腺へのアプローチ

 STILL ACADEMY JAPAN に入学。
  (スティル・アカデミィ・ジャパン)

  
フランスの伝統あるオステオパシー教育機関
  アンドリュー テーラー スティルアカデミー(ATSA)
  と提携した日本ばかりかアジアでも唯一の本格的
  なオステオパシー校であり、SAJは教育システム
  ・内容ともにATSの教育方針にのっとった世界に
   通用するオステオパシー教育機関。
   SAJで教育を受け試験に合格すると、
   ディプロマの称号を得る。

 頭蓋システム及び、頭蓋仙骨システムの
  診断と治療セミナー
  講師;ジャン・アルローD.O


・頭蓋システム及び頭蓋仙骨システムの定義。
 他のシステムとの関連。
・傾聴の法則と定義と実技。
・頭蓋システム及び頭蓋仙骨システムの様々なレベルを認識
 (5要素)
・第一次呼吸運動の定義と実技。
・第一次呼吸のメカニズムの定義。H.I.マゴーンが定義した
 生体力学法則。
・機能病変と外傷性病変の診断、及び矯正。

 トラディショナル・オステオパシー・セミナーⅦ
  
「小児に対するオステオパシー
  (一部婦人科・産科も含む)
   講師:Philippe Druelle D.O
.

 
viola Flymann D.O.,FAAO 主催のOsteopathic Center
for Children[子どもの為のオステオパシーセンター](サンディエゴ)
でセミナー講師として招待されており、カナダ・ドイツ・スイスに8校の
オステオパシー学校の理事長でもあるPhilippe Druelle D.Oは、
1982年「オステオパシー教育と研究の為のカナダ財団」
(0~4才の神経・感覚・運動機能障害をもつ子どもの為の治療
を行う)を創設し、発達・姿勢・学習に問題を持つ幼児への予防と
治療方法について世界中でセミナーを行っている。
この分野でも先駆者のひとりである。

1、出産を成功させる為のオステオパシー
  アプローチ・・・母親と胎児に対する予防。
2、新生児のオステオパシー評価。
3、興奮・多動症・自閉症・ダウン症(三染色体性)、
  癇癪の小発作などの挙動異常に対しての
  オステオパシーアプローチ。
4、前思春期における学習と挙動の問題。